国際開発ナビ

International Development Navigator

これから開発途上国で活躍したいと考えている皆さんに向けたサイトです。
エチオピア地方都市の風景(3)

エチオピア地方都市の風景(3)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今エチオピアで担当しているプロジェクトが9月末で終了します。それで各地の関係者に最後のあいさつ回りをしています。先週はアジスアベバの東南部にあるアルシ県のドドタという町に行ってきました。ここは乾燥地域で飲み水の調達に苦労しているところです。町役場の財務部を訪れたら、なんと我々の歓迎会が準備されていました。我々のプロジェクトに感謝の意を表すということもあるでしょうが、おそらく、「これで日本の支援が終わらないでほしい」、「飲料水確保のための資金支援をしてほしい」というメッセージが強く込められています。歓迎会の様子を撮ってきましたので、ご紹介します。

約束の時間よりちょっと早く町役場に到着したら、歓迎会の準備がまだできていないから外で待っていてくれと言われてしまいました。だから、町役場の向かい側の家の写真をとりました。乾燥地域らしくサボテンが生けてありました。その家の子供が、我々に関心があったようで、外に出てきました。

ドドタサボテン

サボテンの拡大写真です。

ドドタサボテン2

サボテンの家の近くにある道です。ここでも我々を見つけて近所の子供が元気に近づいてきました。よく晴れた日です。

ドドタ道1

歓迎会の準備ができたそうで、町役場の中に入りました。こんな感じでセッティングされていました。

歓迎1

スタッフ席に役場の皆さんが神妙な顔で座っています。スーツを着ているのは町のえらいさんです。目の前にあるのは我々のために用意された巨大なパンと、何か得体のしれない食べ物です。これには、保温のために伝統的なデザインのカバーがかけてあります。

歓迎2

コーヒー係もスタンバイです。アルシ県はコーヒーの産地ではないのですが、やっぱりエチオピアなのでセレモニーにコーヒーは欠かせません。えらいさんのスピーチが始まるとすぐに、コーヒーの生豆を炭火で煎り始めました。10分から15分ほど煎るといい感じに色づきます。

コーヒー3

コーヒー係さんの目の前にあるコーヒーカップです。大きさは日本のぐい飲みくらいです。

コーヒーセット

横にあるコーヒーポットです。伝統的なポットで、コーヒーセレモニーになると登場します。結構大きいです。炭火の上に置いてあります。

コーヒーポット

スピーチが終わり、宴会っぽい雰囲気になり、巨大パンを切り分けました。なんか楽しそうです。

巨大パン

前述の得体の知れない食べ物をみんなで食べています。現地の皆さんは「ポリッジ(お粥)」と説明してくれましたが、お粥とはまったく違います。弾力性のあるマッシュポテトといった食べ物です。これにバター風味のシロップをたっぷりつけて食べます。おいしそうに頬張っています。私は一口だけお付き合いしました。

ポリッジ1

会場の喧騒をのがれるため、町役場の建物外に出たら、女の子二人がいたので写真をとりました。実は我々が会場入りする際に、花束贈呈をしてくれた女の子です。だからちょっとおしゃれしています。残念ながら花束贈呈の場面の写真は取り損ねました。

キッズ2

女の子の写真を撮っていたら、男の子が自分も撮ってくれと駆けつけてきました。前の写真で後ろで顔をのぞかしている子供です。ポーズがきまっています。

キッズ3

最後に三人で一緒に撮りました。この写真、かなりよくないですか。エチオピア版のキッズファッション誌にでも使えそうです。どっかのコンテストに応募してみたらどうでしょうか。

キッズ1

アルシ県ドドタ町の写真はこれで終わりです。飲み水が不足して厳しい生活をしているところなのだけれど、よい人たちでした。地方回りはこれで終わり、これからは首都アジスアベバでの仕事になります。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>