国際開発ナビ

International Development Navigator

これから開発途上国で活躍したいと考えている皆さんに向けたサイトです。
タンザニアに短期出張してきます。

タンザニアに短期出張してきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨日にインドネシアのジャカルタから帰国したのですが、今日はタンザニアのダルエスサラームに向けて出発します。昨日、会社に顔を出したのですが、同僚から「売れっ子ですね」と言われてしまいました。ダルエスサラームには1週間だけ滞在して、帰国後はまた日本に1週間滞在しただけで、ジャカルタに戻ります。仕事があって求められているということはありがたいことなのですが、体調を崩して変な病気にかからないように気を付けます。

タンザニアでするのは前回の出張の際にまとめた調査のプレゼンです。前回は7月~8月まで二か月かけて、タンザニアの農産物加工業の現状をまとめ、これを振興するのはどうすればよいか提案しました。その報告書をもとに、現地政府の関係者の前でプレゼンするのです。前回の出張の最後に、仮プレゼンのようなことをして好評だったので、今回も同じような話をすればよいかと思っています。それでも、ちょっと不安なところもあります。

タンザニアの仕事の参考にしようと思い、ジャカルタではショッピングモールの中のスーパーマーケットの農産物加工品コーナーを見てきました。コーナーにはきれいにパッケージされた食品等が色とりどりに陳列されていました。ジャカルタのような東南アジアの大都市は、だんだんバンコク、クアラルンプールのような雰囲気に似てくるのかもしれません。日本のショッピングモールと何ら変わらない商品ラインアップで驚いてしまいました。これと比べると、タンザニアの農産物加工業の状況はお粗末そのものです。ホテルや店舗、レストランで働いているスタッフの勤務態度にも、ジャカルタとダルエスサラームには大きな差があるように見えます。インドネシア人はまじめで正確です。一方、タンザニア人は、にぎやかで明るいのですが、仕事が遅く正確でないです。

東南アジアとサハラ以南アフリカとの間にはとても越えられない大きな壁があるというのが実感です。おそらくタンザニアはインドネシアを競争相手と思っているのでしょうが、incomparableという表現しか出てきません。それをタンザニア政府の人にはとても伝えられません。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>