国際開発ナビ

International Development Navigator

これから開発途上国で活躍したいと考えている皆さんに向けたサイトです。
1か月ぶりのタンザニア

1か月ぶりのタンザニア

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は一週間だけの短期ですがタンザニアのダルエスサラームに滞在しています。時差がなおったころに帰国するという慌ただしい滞在です。前回の調査で取りまとめた報告書をタンザニア政府の関係者にプレゼンするのが主な目的です。少し日程に余裕があったので、今日は車で町を回ってみました。

早速、ティンガ・ティンガという名前の画廊に行ってきました。タンザニアに来るたびに立ち寄っています。ここのアフリカっぽい絵画が私は気に入っています。これまでに絵画は買いすぎている感じなので、今回は絵には目をくれずに、マグカップを3つ買いました。なかなか雰囲気のある良いデザインのマグカップです。一個700円くらいです。少し汚れていたので、ホテルの部屋に戻って石鹸で洗ったところ、なんと、塗料がボロボロ落ちてきました。絵柄を陶器のコップに焼き付けてあるのではなくて、そのまま塗って乾かしてあるだけのものでした。これだと、洗剤で何度か洗ったら絵柄が全てなくなりそうです。かなり残念な商品です。絵柄は気に入っているので、実用には用いず、観賞用として部屋に置いておくことにしました。

P1020119  P1020104

 購入したマグカップ               ティンガティンガ画廊の入り口

P1020101  P1020102

いつものマネージャー              店外の様子

画廊の帰りに海岸沿いの道を通りました。海があまりにきれいだったので、車を止めてもらい、写真を撮りました。前方に広がるのはインド洋だと思います。ヨーロッパの観光客には人気のあるリゾート地が広がっています。やはりきれいなビーチのある町にいると、テンションが高まります。良い気分になって海の写真を撮っていたら、いつの間にか後ろにイカツイ感じの武装警官が一人立っています。大きな自動小銃を胸に抱えています。へたくそな英語で「何をしている」「何の写真を撮っている」「目的は何か」と質問してきました。私はツーリストであり、海の写真を撮っているだけだと説明しましたが、先方の英語力が乏しくなかなかコミュニケーションがとれません。このままだと逮捕されるか!と思いましたが、異変を感じた車の運転手さんが近づいてきて、何とか難を逃れることができました。ここは撮影禁止というわけではなかったです。運転手さんによると、たまたま私が海の写真を撮っていた後ろがアメリカ大使公邸だったので、不審者として尋問されたようでした。

P1020107  P1020111

 綺麗な海                サボテンが印象的(後ろに武装警官!)

あとは、市内の写真です。日曜日にとった市内の写真なので車の数が少ないです。平日だと、もっと車が多く、渋滞気味です。次の週末には日本に帰国します。

 P1020098  P1020069

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>