国際開発ナビ

International Development Navigator

これから開発途上国で活躍したいと考えている皆さんに向けたサイトです。
ボゴール日帰り2

ボゴール日帰り2

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ボゴール日帰り」の続きです。

ボゴール駅付近でであった親切な皆さんのおかげで、30分ほど歩いて植物園の正門に着きました。立派な構えの正門で、地元の観光客っぽい人が多くいました。早速、200円ほどの入場料金を払って中に入りました。中は広々とした風景が広がっており、いかにも熱帯といった樹木が植えてあります。ただ、ジャカルタ市内にも似たような樹木がいっぱい生えているので、どこが違うのかはよくわかりません。園内には看板があって、植物の種類別に案内図が示してありました。特に目的は無かったので、ただ中を歩いてみます。10分ほど歩いたら、川がありました。川幅は10メートルほどですが、意外と急流でした。赤い吊り橋がかかっており、記念写真スポットになっていました。

川をわたってしばらく歩くと、広場に出ました。その奥には木造の建物が見えます。広場の入り口からは、100メートルほど離れています。ガイドブックによると、ここに洒落たレストランがあるようです。ちょうどお昼時でお腹がすいてきたのですが、広場を横切ってレストランまでゆくのも面倒だったので、やめました。その代りに、あちこちにあるお店で食べ物を買おうと思いました。お店を除くと、パックにはいったお弁当がいっぱい売られています。おそらく安いのでしょうが、あまり中身(おかず)にそそられなかったので、結局ポップコーンとポカリスエットを買いました。ポカリスエットはインドネシア産の本物です。当たり前ですが日本と同じ味がしました。ガイドブックによると、ラフレシアがどっかにあるはずなので、ウロウロ探しました。暑い中、ウロウロしていたらだんだん疲れてきたので、今回はあきらめて、帰途につきました。

正門から外にでると、お土産もの屋さんがいっぱいあります。来たときにはあまり気付かなかったのですが、いろいろなものを売っています。私を見つけて声をかけてくるお店が多かったのですが、たいしたものが無かったので、何も買いませんでした。そのあと、駅までの途中で、マクドナルドにはいり、ビックマックセットを食べました。ボゴール駅について、またローカル電車にのって、1時間10分かけてジャカルタに戻ってきました。

半日かけたボゴール旅行でしたが、期待していた高原の避暑地といった感じは全くしなかったです。暑くて暑くてジャカルタと同じでした。だけれど、ローカル電車の旅は快適だったです。タクシーなんか借り上げて、渋滞の道を2~3時間かけてゆくことと比べたら、電車の方がよっぽど良いです。ジャカルタ在住の外国人で誰かボゴールにゆきたい人がいたら、ローカル線の旅をお勧めすることにします。以下は写真です。

植物園入口  園内風景

植物園正門                     園内の風景

園内2  園内1

園内を歩いてゆくと            吊り橋にたどり着きます

レストラン  園内3

広場の奥にはレストランです          空を見上げるとこんな感じ

園内地図  園外

ちょっと汚れているけど園内の地図です。     植物園の外はこんな感じ

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>