国際開発ナビ

International Development Navigator

これから開発途上国で活躍したいと考えている皆さんに向けたサイトです。
インドネシアの日本熱

インドネシアの日本熱

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はインドネシア素人なので、昔からの現象なのか、最近になってなのかわかりませんが、インドネシア人の日本に対する好奇心はとても強いです。タイやベトナムでも日本への関心はとても大きいのですが、日本はいくつかの関心ある国々の中の一つといった位置づけです。それに対して、インドネシアでは欧米や中国、韓国などの影は比較的薄く、日本だけが注目を集めている印象です。

ジャカルタを走っている車はたぶん95%くらいが日本車で、韓国車などはめったに見ません。バイクはたぶん100%日本のブランドです。ジャカルタ市内のコンビニ(これも日系)に行けば、日本で馴染みのお菓子がたくさんあります。カウンターにおでんが置いてあるコンビニすらあります。先日、市内の繁華街のショッピングモールに行ってきたのですが、2階のレストラン街にある20軒ほどのお店は、大半が和食(っぽい食べ物)を目玉にしています。天丼、牛丼、焼とり、巻きずしといったB級っぽい料理が多いです。ちなみにそのショッピングモールの上にはJKT48シアターがあるので、それが理由かもしれません。

こんな雰囲気なので、仕事で接するインドネシア人も日本に興味津々です。今週と来週に、二つの省庁の政府職員と個別に会食する予定があるのですが、今週の会食相手に何が食べたいかと尋ねたら、当然のように「和食がいい」という回答でした。ジャカルタでちゃんとした和食を食べようとしたらとても高価だし、比較的安めの和食はナンチャッテ和食なので妙な味です。だから、あんまり和食レストランを会食の場に使いたくないのですが、しかたありません。省庁の近くのホテルの和食レストランを予約して、コース料理を食べることにしました。予算は日本円で一人4,000円弱くらいなのですが、皆さんアルコールを飲まないので、これ以上にあまり高くつくことを願っています。来週に別のグループと会食する際は、タイ料理なんかどうだろう・・と考えていたのですが、先方からやはり「和食がいい」と言われてしまったので、また和食レストランを選ぶことになりそうです。でも本当は、トムヤンクンやパクチーの入った熱々のさつま揚げなんかが食べたかったです。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>