国際開発ナビ

International Development Navigator

これから開発途上国で活躍したいと考えている皆さんに向けたサイトです。
ジャカルタ爆弾事件 意図?

ジャカルタ爆弾事件 意図?

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月14日のジャカルタ爆弾事件について日本のメディアも取り上げています。やはりイスラム国の犯行とみられているようです。犯行声明のようなものは出ていませんが、イスラム国のウェブサイトでもジャカルタの事件のことが言及されているようです。でも、犯行の意図が良くわかりません。

インドネシア国内の政治事情について詳しいわけではないので、インドネシア政府と国内過激派との間で何が起きているのかわかりません。しかし、爆発現場となった地域は、良く知っています。サリナデパートもその正面にあるスターバックスも毎週末は必ず足を運ぶところです。サリナデパートはおそらくジャカルタで最も老舗のデパートで、6階建てくらいのビルです。地下が食品スーパーとフードコート、最上階には観光客向けのお土産物フロアー、その下にはバティック(ジャワ更紗)の専門フロアーがあります。週末になると買い物客でそこそこにぎわっています。ただ、ジャカルタに近年になって多くのショッピングモールが設立されたので、こうした老舗のデパートは苦戦しています。フロアーはくたびれた感じがあり、客層も富裕層ではなく、そのちょっと下くらいです。外国人はあまり見かけません。

スターバックスは小学校の教室くらいの大きさの中規模店です。週末は大混雑します。しかし、平日の午後、犯行のあった午後2時くらいは、ガラガラだと思います。5名から10名くらいしかお客はいない時間帯です。外国人もいますが、9割は地元の人です。犯行時の動画を見ると、スターバックスの店の前においてあるベンチで二回ほど爆発がありました。報道によると、手りゅう弾を爆発させたとのことです。でも、あのベンチは陽当たりが強く、日中の暑い時間に使っている人はほとんどいないはずです。いるとしてもスモーカーが二、三人くらい。

そう考えると、何のために爆発させたのか、意図がわかりません。パリのテロのように、大量殺戮を狙ったとしたら、あまりに時間帯と場所がおかしいです。外国人をターゲットにしたとも考えられません。かつてバリのディスコで爆弾事件がありましたが、ここはオーストラリア人が多くいたところで、ターゲットはオーストラリア人であることが明らかでした。今回は、地元の人を狙ったのか、それにしても人気のないところで何で犯行におよんだのか疑問です。

おそらくは、殺傷は目的ではなく、単に社会を不安に陥れることが狙われていたのではないでしょうか。事実、現地のオフィスの秘書(インドネシア人女性)は、不安そうなメールを送ってきました。今まで、イスラム国のテロなど、全く無縁だと思っていた人々でしたので、驚きも大きかったはずです。その意味では、今日の犯行は大きなインパクトがあったと思います。今後、どうなるのか、全くわかりません。もしかしたら、二度目があるのかもしれません。私も来週中旬からジャカルタ入りする予定ですが、延期を求められるかもしれません。面倒なことにならなければ良いのですか。

          

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>