国際開発ナビ

International Development Navigator

これから開発途上国で活躍したいと考えている皆さんに向けたサイトです。
バングラデシュでのテロ事件

バングラデシュでのテロ事件

このエントリーをはてなブックマークに追加

2916年7月1日にバングラデシュのダッカでテロ事件があったのは記憶に新しいところだと思います。日本人7名が犠牲になりました。バングラデシュに滞在しているのはODA関係者だろうなぁと思っていたら、案の定、全員が開発コンサルタントのでした。私の会社の職員ではありませんが、全くの同業者です。私の会社の職員もよくバングラデシュには出張します。たまたま当日は誰もダッカに居なかったので難を逃れましたが、誰が犠牲になっても不思議ではない状況でした。

昨日になってなくなられた方の葬式の案内がメールで送られてきました。女性の方です。記憶になかったのですが、10年ほど前にベトナムで一緒に仕事をした方でした。一年間ほど同じチームに入って働いていましたが、あまり同じ時期に現地に出張していなかったのかもしれません。同僚に指摘されるまで、すっかり忘れていました。被害者が少しでも身近の人だとわかると、怖さが静かに押し寄せてくるような気がします。私の会社でもこれからの治安対策をどうするか検討してゆくようです

外務省の治安対策ガイドブックのようなものを見ると、「外国人(欧米人)の集まるところには出かけない」、「集団で行動しない」、「夜は出かけない」、「人混みには入らない」といった注意点が書いてあります。これをその通りに解釈して夕食に出かけるとしたら、外国人が滅多に来なくて、人気の無い地元レストランに、一人ででかけるということになります。別にそれでもよいのですが、ひったくりとか別の犯罪に巻き込まれそうな気もします。イスラム国に出張するのは面倒な時代になってきました。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>