国際開発ナビ

International Development Navigator

これから開発途上国で活躍したいと考えている皆さんに向けたサイトです。
インドネシアの豚骨ラーメン

インドネシアの豚骨ラーメン

このエントリーをはてなブックマークに追加

今はジャカルタに滞在しています。ホテルの近所にフードコートのようなところがあり、一階と二階にいろいろなレストランやファーストフード店、カフェなどがあります。全部で30件くらいあるでしょうか。その中に、ひときわ目を引く派手な装飾のラーメン屋があります。今日はそこに行ってきました。

 ジャカルタは日本食ブームなので、ラーメン屋もいろいろあります。地元資本のラーメン屋さんもあちこちにあり、「なんちゃって」系のラーメンもよくあります。でも今日行ったのは、日系のお店でした。名前は「ばり馬」ラーメンといいます。日本で聞いたことなかったのですが、ネットで調べたら広島を拠点として中国地方で展開するチェーンのようです。驚くのは、豚骨メインのラーメン屋さんだということです。豚を忌み嫌うイスラム国によく進出したものだと思いました。

このお店に来たのは二度目ですが、今日は土曜日のお昼にきました。時間が早かったのでまだお客はまばらでした。「いらっしゃいませ!」と日本語で迎えられて席につくと、テーブルの上で目に付くのは、赤と黒に色分けされた箸とレンゲです。メニューをもらって、迷わず豚骨ラーメンを注文しました。豚骨ラーメンと鶏ガララーメンの二種類がメインのようです。レジ前においてあった漫画週刊誌(スピリッツ)を持ってきて、席で読んで待ちます。なんか日本にいる気がしてきます。10分ほど待つと、赤いどんぶりにいれた豚骨ラーメンを持ってきてくれました。テーブルにおいてある箸とレンゲのうち、赤いほうを選んで使います。

実は、ココにポイントがあり、このお店では間違っても黒いほうの箸とレンゲを使って豚骨ラーメンを食べてはいけないのです。前回は、知らないで一緒にいた同僚に、黒いほうを手渡したら、店員から遠慮がちに注意されてしまいました。おそらく、豚を食べた食器は別にしておきたいのでしょう。豚を食べると食器がけがれる?ので、イスラム教徒は使いたくないのでしょう。だったら、そもそも豚骨ラーメンなんか提供しなければよいのにとおもいますが。

ラーメンの味はおいしかったです。ジャカルタで食べたラーメンの中でもおいしいほうでした。麺もちゃんとした麺でした。日本の家の近所にあったら頻繁にかよってもよいかと思いました。ただ、テーブルに胡椒が置いてなかったのはちょっと残念でした。ラーメンに胡椒をたっぷりいれて食べるのが好きだからです。その代わりに一味唐辛子がありました。広島では普通なのでしょうか。今日は豚骨ラーメンを食べて、漫画雑誌を読んで、なんか日本風に過ごしたお昼になりました。

ラーメンと店内の写真です。

 箸レンゲ とんこつ

赤と黒の箸とレンゲ              豚骨ラーメン

 店内1 店内2

店内の様子               壁には日本語でいろいろ書いてある

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>