国際開発ナビ

International Development Navigator

これから開発途上国で活躍したいと考えている皆さんに向けたサイトです。
エチオピアの言語

エチオピアの言語

このエントリーをはてなブックマークに追加

エチオピアの複雑な民族・言語構成

今仕事をしているのはエチオピアなのですが、プロジェクトの対象は地方政府(=州 政府)です。エチオピアには民族ごとに9つの州があり、9つ(以上の)言語があります。エチオピアの公用語はアムハラ語という言葉で、固有の文字もあります。もともとアムハラ州のアムハラ人が使っていた言葉で、アムハラ人が国家を統一した際に、公用語として採用しました。アラビア語に近い響きがあり、大昔にイエメンからやってきた先祖がつかっていた言語と言われています。国家の公用語なので首都のアジスアベバでは広く使われています。テレビも新聞も普通にアムハラ語です。

ここで、ちょっと面倒なのは、首都のアジスアベバはアムハラ州の一部ではないことです。アジスアベバは今は自治区として独立していますが、数百年前にアムハラ人によって国家が統一される前は、オロミア州の州都でした。フィンフィネという別の名前で呼ばれていました。我々のプロジェクトの相手はこのオロミア州政府で、ここの公用語はオロミア語です。オロミア州政府はアジスアベバの中にあるのですが、この建物の敷地中だけは、アムハラ語は一切つかわれず、オロミア語だけが使われています。オロミア語はアラビア語とは無関係で、むかしからアフリカ大陸で使われてきた言語に近いような気がします。固有の文字が無いのでローマンアルファベットを使っています。

アジスアベバでオロミア語を使える人を探すのはやっかいで、我々のプロジェクトで働いているスタッフもオロミア州の地方都市からの出身者が集まっています。ただ、秘書と運転手はアジスアベバの人たちなのでアムハラ語しか理解しません。参考までに、添付の写真は前回の写真で同僚が持っていた地方都市の市役所からもらった感謝状です。右がエチオピアの公用語であるアムハラ語、左がオロミア語で書いてあります。見た目も全然違うでしょう。アムハラ語とオロミア語

自国なのに外国人?

先日、オロミア州の地方都市で、運転手がちょっとした交通事故をしました。けが人はおらず車のテールランプをぶつけただけの事故でした。ただ、保険会社に請求するために地元の警察に事故証明書を作成してもらう必要があり、運転手が警察に出向きました。警察はオロミア州政府の一部なので当然オロミア語だけを使います。おそらく職員はアムハラ語もわかるのでしょうが、一切オロミア語しか使わなかったそうです。運転手はオロミア語がわからないので、まるで自分が外国人のように感じたとぼやいていました。運転手では何もできないので、オロミア語のわかるスタッフが手続きに向かい、何とかなりました。

オロミア人がオロミア語にこだわる理由

オロミア州政府がオロミア語を使うことにこだわっているのは、20年近く前に政変があるまでは、オロミア語の利用が長く禁じられていたからです。国家を統一して首都を占領したのはアムハラ人なので、学校でも職場でもメディアでもオロミア語の利用は禁じられました。劣等言語といった扱いだったので、オロミア人であっても自分の子供にはアムハラ語で話しかけ、子供の名前もアムハラ名にしていたそうです。オロミア人だとわかると大学に入りにくかった時代もあったようです。また、オロミア州の町の名前もアムハラ名に強制的に変えさせられました。現在、オロミア州内の町の名前はオロミア語に戻っていますが、昔からなじんでいるアムハラ名を使うひとも多く、双方が併記されています。オロミア州政府としては、こうした苦い過去があるので、アムハラ語の利用に神経質になっています。

こうしたオロミア人、オロミア語の悲しい過去は、中央政府(連邦政府)が積極的に伝えるものではないため、あまり知られていません。中央政府は依然としてアムハラ人が牛耳っているためです。我々も最初はまったくわからず、いくつも言語がある面倒な国だとばかり思っていました。オロミア州政府の職員と少し親しくなり、車のかで雑談などしているうちに、こうした事情を聞くことができました。

ワークショップなので、我々がオロミア語で挨拶すると、びっくりするくらい喜ばれます。首都ではオロミア語は辞書さえも販売されていないので、自分でオロミア語単語集をつくっちゃいました。オロミア語のような地方言語は他にたくさんあり、それぞれが全然違う言語のようです。島国の日本人にはわかりにくい状況です。アフリカにはこんな国が多いです。だから英語やフランス語が公用語になっている国が多いのかもしれません。

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>